精度の高い情報収集

初回面接前のきめ細かな事前情報収集。
様々な角度から生活習慣を実態把握します。

情報収集イメージ

初回面接前に歩数計の帯同と、インターネットの画面から問診票・食事モニタリングの入力をして頂き、対象者の普段の活動量や生活習慣、食事摂取の傾向を定量的・定性的に把握します。
インターネットを利用されない方には紙ベースの問診票と食事記録用紙に記入して頂き、事務局で代行入力をする事でデータを一括管理します。

活動量

初回面接前に全員に歩数計を無償貸与。
1週間ほど帯同して頂き、普段の歩数に基づく活動量を把握します。

問診プログラム

『はい』・『いいえ』の2択式の固有問診により生活習慣・自覚症状・運動・食事など、様々な角度からきめ細かく生活習慣を把握します。

問診プログラムイメージ
  • はい、いいえの2択式
  • 回答の所要時間:5〜10分程度

食事モニタリング

1日〜3日分程度、食事モニタリングの入力をして頂き、入力結果から摂取エネルギー・栄養バランスに加え、塩分・食物繊維などの摂取量を定量把握します。
初回面接後も入力する事で食生活の改善状況を確認できます。

問診プログラムイメージ
  • 摂取量○人前、味加減(塩分・糖質)の調整が可能
ふくろう先生
  • 前へ戻る
  • お問合せ
  • 次へ進む